第2回川中島平ウオーク「典厩・勘助史跡めぐり」が11月1日(日)9時から11時半、川中島古戦場史跡公園(小島田町)を発着地点に行われます。参加者を募集しています。

更北地区の住民や企業でつくるNPO法人MHOKエムホックが、県の地域発元気づくり支援金を受けて開催。9月27日に開いた初回=写真=は、北国街道旧丹波島宿周辺を子どもから70代まで40人が歩きました。

今回は、いずれも川中島の戦いで討ち死にした武田信玄の弟信繁と、信玄に軍師として仕えた山本勘助ゆかりの史跡をたどるコース。信繁の墓がある典厩寺(篠ノ井杵淵)、勘助の墓(松代町柴)、頤気神社を「更北の郷土を知る会」のガイドの案内で巡り、史跡公園に戻ります。行程は約6・5キロ。

参加者にはリンゴなどの進呈があり、当日は公園内の市立博物館を割引料金で観覧できます。

参加費は一般1500円、中学生と75歳以上500円、小学生以下無料。小学生以下は保護者同伴。定員は申し込み先着35人。

(申)(問)山中(電)080・1205・8453

(2020年10月17日号掲載)