県信濃美術館は、4月10日(土)にオープンする「県立美術館」のモニターを募集しています。
モニターは、同館と東山魁夷館の展覧会、施設運営、サービスなどについて意見します。任期は4月10日から2024年3月末までの約3年間。募集は10人程度で、応募者の中から選考します。

応募できるのは、県内在住の18歳以上で、展示替え(年間に本館で企画展5回以上、コレクション展4~6回程度、東山魁夷館6回)ごとに観覧し、年2回程度のモニター会議(原則土・日曜の昼間に開催)に出席できる人。モニターには、モニターと同伴者1人が観覧無料になるパスポートが発行されます。

応募は、応募用紙と小論文を郵送かメールで送信。小論文は「県立美術館に期待すること」をテーマに800~1200字程度、市販の原稿用紙で(メール添付の場合はパソコンでの作成も可)。応募用紙は信濃美術館ホームページの「トピックス」コーナーからダウンロードできます。応募締め切りは3月1日(月)17時。

信濃美術館は「新しい美術館を愛してくれる人に応募してほしい」と話しています。

(問)信濃美術館(電)232・0052